千葉市手をつなぐ育成会(親の会)

 千葉市手をつなぐ育成会は、障害を持たれた子ども達の親の会です。
昭和30年から千葉市の障害者福祉の発展のために、様々な活動を行ってきました。

新着情報 最近の活動 活動報告 問合せ

「理解を広げて支援を整える」 会長 島田 貴美代

 時代の流れと共に、知的障害のある人達の福祉を取り巻く環境は変化してきました。
その中で「障害者本人」の高齢化・重度化は確実にすすんでいます。
3年ごとに見直される障害者総合支援法では、本人の高齢化・重度化を見据えた支援の整備が始まりましたが、必要な生活の場や医療への対応は待ったなしの問題ととらえて、要望を続けていかなければと思っています。
 現在取り組んでいる「知的障害」を知ってもらう啓発活動は、地域の警察官や民生委員の方々を対象に行っていますが、話した分だけ理解が広がっていると実感しています。
啓発活動は今後も継続してまいります。
 当会も創設63年を迎え、先人の思いを大切に引き受けながら、新たな時代を担う人たちの声を生かした活動・運動体になっていくことも必要であると考えています。
今後も会員の皆様の声をお聞きしながら進めていきたいと思っていますので、ご協力をお願いいたします。

沿革

  • 昭和29年 親の会設立準備
  • 昭和30年 千葉市手をつなぐ親の会発足 会の啓蒙活動
  • 昭和36年 千葉県手をつなぐ親の会に入会
  • 昭和45年 千葉市精神薄弱者育成会と改名
  • 平成 8年 千葉市手をつなぐ育成会に改称
  • 平成10年 社会福祉法人千葉市手をつなぐ育成会認可
  • 平成11年 全日本手をつなぐ育成会正会員加盟認証

会員

  • 正会員 600名(知的障害児・者の保護者)
  • 賛助会員 60名(会の活動に賛同する一般市民)

活動

  • 部活動
    • 研修会、会報の発行、手作り作品の販売
    • 夏休みレクリエーション、クリスマス会ほか
  • 委員会活動
     育成会では、会員がだれでも参加できる委員会という活動があります。
    1~2か月に一度のペースで集まり、それぞれにテーマを決めて進めていきます。
    委員会活動は、その年度だけで終わらず、ある程度の期間継続して活動しています。
    年齢や環境の異なる会員が集まることによって、共感を得たり、新しい気づきが生まれることでしょう。
    お気軽にご参加ください。
    申し込みは、事務局(☎043-206-4050)まで連絡下さい。
    ①こども委員会

    <めざしていること>
    こどもの障害の受容途中の親、子育ての悩みを抱える親たちが集まって、気楽なおしゃべりから始めて、情報交換、研修などを通して、親子共に成長することをめざします。
    <これまでの主な活動>
     少し先輩のお母さんの体験を聞いたり、障害児を連れていても利用しやすいお店のマップ作り、家族のための季節の手作りクラフトなど。
    今年度はマップの拡充と余暇情報の共有が目標。

    ②あんしん委員会

    <めざしていること>
     地域で安心して生活していくために、防災について様々な取り組みをしています。
    <これまでの主な活動>
     原案を提示した避難所に設置するコミュニケーション支援ボードの啓発活動をしています。

    ③はたらく委員会

    <めざしていること>
     企業就労だけではなく、福祉就労を含めた働き方や、働く基礎となる衣食住を含めた生活の全般を広く考えていく委員会でありたいと、本年度より「はたらく委員会」と改名しました。
    <これまでの主な活動>
     休日に、親子で簡単な調理をしながらの情報交換や、就労支援センターの見学、ふらる共催で消費者被害に遭わないための研修会を実施しました。

    ④せいかつ

    〈めざしていること〉
    親なきあとも、我が子が住み慣れた地域で安心して暮らしていくための方策を考えます。制度や法律面、サポート体制等学んでいます。
    〈これまでの主な活動〉
    地域でもさまざまな暮らし方、成年後見、相続・遺言、この子の記録の研修会や話そう会を開催しています。

新着情報

北海道胆振北部地震災害義援金のご報告

 昨年10月にお知らせいたしましたように、全国手をつなぐ育成会連合会では、激甚災害が指定されたこの度の北海道胆振北部地震により、甚大な被害を受けた育成会会員に対する生活支援、復興支援等のお役にたてていただくため、規程に基づき災害支援義援金の募集を実施し、見舞金を支給することが決まったことを受けて、会員の皆様に災害支援義援金の協力を呼びかけさせていただきました。

 皆様の温かいお気持ちで、千葉市手をつなぐ育成会として「154,400円」の義援金が集まりました。
12月12日に全国手をつなぐ育成会連合会に送金いたしましたので、ご報告させていただきます。
ご協力ありがとうございました。

 被害地の一日も早い復旧と被災された皆さまのご健康と生活再建を心よりお祈り申し上げます。

第8回 話そう会開催のお知らせ

 今回の話そう会は、高齢化問題や共依存の親子関係がもたらす子への影響、そして親離れ・子離れのことについて企画いたしました。
ゲストの方に辞令アドをお聞きしながら、フリートーキングで進めていきます。
 将来の「わが子は?」を多方面から考えるのに参考にしていただければと考えます。
会の後半は、いつものように座談会形式で気軽に、情報交換、悩み、相談等を話し合います。

日時:平成31年2月15日(金) 10時~12時
場所:千葉市緑保健福祉センター2階ボランティア活動室1
ゲスト:社会福祉法人あしたば 中野学園 副学園長 江澤 嘉男 氏

日時:平成31年2月28日(木) 10時30分~12時30分
場所:でい・さくさべ 2階会議室
ゲスト:権利擁護サポートセンター船橋「うえるかむ」 相談室長 赤津 保子 氏

申込み:育成会事務局に電話またはファックスにてお申し込みください。
    ①お名前、②お子さんの所属、③連絡先、④会員・会員外をお伝えください。
    電話/ファックス 043-206-4050
    申込み多数の場合は、会員優先とさせていただきます。

申し込み締切:平成31年2月5日(火)

参加費:会員無料、会員外 500円

その他:でい・さくさべは駐車場がありませんので公共の交通機関をご利用ください。

最近の活動

さまざまな暮らしの命綱 「計画相談、サービス等利用計画&モニタリング」研修会

 9月4日(火)講師に西沢将行氏(千葉県社会福祉士会、社会福祉士、精神保健福祉士
成年後見人)をお招きして、サービス等利用計画やモニタリングについて学習しました。

計画相談研修会

発達障害児者へのライフステージを通じた支援・第2弾 ~青年期・高齢期の豊かな社会生活のために~ 研修会

 10月25日(木)昨年に続き、東京学芸大学の橋本創一先生をお迎えしてお話をうかがいました。
本人が成人して以降、親・家族が年齢を重ねる中で、心身共に迎える変化とそれに伴い生じる生活上の課題を知り、それらの対応を学ぶ機会となりました。

発達障害研修会

拠点的福祉避難所運営訓練

 10月31日(水)に若葉区の学校法人植草学園において行われた訓練に、育成会から16人の親子が参加しました。
この訓練は今回で3回目となります。
段ボールで区切られた教室で非常食を食べたり、エアーマットや段ボールベットを体験しました。
そこから見えてきた課題を、今後検討して次回に活かしてもらえるそうです。

拠点的福祉避難所 拠点的福祉避難所

拠点的福祉避難所 拠点的福祉避難所

千葉市地域生活支援拠点事業説明会

12月7日(金)江沢嘉男氏(中野学園副園長)と菅野直子氏(中野学園地域活動支援センター長)をお迎えして、地域生活支援拠点事業の説明と、親なきあとを見据えた支援についての懇談会を開催しました。

拠点事業

クリスマス会

 350人以上の皆様をお迎えして、12月9日(日)療育センターで恒例のクリスマス会を行いました。
 千葉大Lipsさんのチアリーディング、チーム☆利ゑ蔵さんのよさこいソーラン、のんびり山オーケストラの演奏で今年も大盛況でした。

クリスマス会 クリスマス会

南極観測船「SHIRASE5002」&サッポロビール工場見学ツアー

 12月12日(水)文化部主催の日帰りツアーを行いました。
大変寒い日でしたが、24人の皆さんが参加されました。

南極観測船

3月のおしゃべり会のお知らせ

稲毛区  3/6(水)10時~12時 稲毛保健福祉センター3階ボランティア活動室1
中央区  3/6(水)10時~12時 中央保健福祉センターきぼーる11階
ボランティア活動室2
花見川区 3/11(月)10時~12時 花見川保健福祉センター3階ボランティア活動室1
緑区   3/11(月)10時~12時 緑保健福祉センター2階ボランティア活動室1
若葉区  3/13(水)13時~15時 若葉保健福祉センター3階大会議室
美浜区  3/19(火)10時~12時 美浜保健福祉センター2階ボランティア活動室2

 

千葉県千葉南警察署訪問

~知ってください知的障害のこと~
 全国手をつなぐ育成会連合会では、啓発活動の一環として「育成会ミッション『知的障害理解と権利擁護』その1警察版」という冊子を作成しました。各育成会において管轄の警察署を訪問し、冊子の趣旨を説明してお渡しするよう要請がありました。
 昨年度の千葉中央警察署に引き続き、6月23日に千葉南警察署の研修の場で警察署員の方に、知的障害のある方たちの特性や、コミュニケーションのとり方、お願いしたい対応法などをお話しすることができました。
南部警察署 南部警察

花見川区民生委員・児童委員全体研修

~知ってください 知的障害のこと~
 2月7日花見川区の全体研修会の講演に講師として、千葉市手をつなぐ育成会をお招きいただきました。280名を超える民生委員・児童委員さんの前で、知的障害児者の特性や、3人の親のから現在に至るまで各々の子供の様子や、社会参加に地域の方々のお力が必要なことなどをお話しいたしました。
 詳しくは3月発行の育成会だよりをご覧ください。
花見川区民生委員研修会 花見川区民生委員研修会

千葉市手をつなぐ育成会事務局

 入会、各種問い合わせは、下記までお願いします。


〒263-0015
千葉市稲毛区作草部2丁目4番5号
TEL/FAX:043-206-4050

メールはこちら